モノコボ情報 20150209

Gift Show 306号室LAB-M出展

Gift Showマニコレコーナーに306号室松谷則洋氏 LAB-M出展
開催期間:2015年2月4日(水)~6日(金)
開催場所:有明ビッグサイト
西館マニコレコーナーに出展新企画の紳士鞄も展示、日本全国のバイヤーの反応が楽しみ!

浅草ものづくり工房 ミニ施設公開

毎月第3土曜日開催
開催日時:2014年1月17日(土)・2月21日(土)・3月21日(土)
開催場所:浅草ものづくり工房 台東区浅草橋場1-36-2
特別企画
ワークショップ 若手クリエィターが提案し、革小物職人がお手伝いする
 おくりものづくり 一針一針愛をこめて
①レターケース②お守り袋③ファーストシューズ

sparkloud展示販売

sparkloud展示販売
開催日時:2014年12月18日(木)~22日(月)
会さ場所:2K540 イベントスペース 台東区上野5-9-23
12月の気温は寒いが販売に頑張っている!

横浜SOGO FASHION ZAKKA CREATORS FAIR

横浜SOGO FASHIOPN ZAKKA CREATORS FAIR 

203号室 musubi design 製作所 展示販売
開催期間:2014年12月9日(火)~25日(金)
開催場所:横浜SOGO 地下1階 エスカレーター横
12月のイベント、いつもより多くのお客様がみえ売上も順調の様子!

産業研修センター主催 ワークショップ

産業研修センター主催 ワークショップ
開催日時:2014年11月29日(土)
開催場所:浅草ものづくり工房 機械研修室2 台東区橋場1-36-2
製作:チャーム
講師:浅草ものづくり工房 203号室 musubi design 製作所 八木香央理・鈴木知里

interiorlifestyle living展にnasturtium出展

interiorlifestyle living展
開催日時:2014年11月26日(水)~28日(金)
開催場所:東京ビッグサイト西1・2ホール+アナトリウム
ホテル、カフェ ハイセンスなインテリアinteriorlifestyle living展に303号室
nasturtium出展ハンドプリントのバブーシュが好評!
第一期生 TAKINAMITAKASHIのスリッパも新作も好評!

モノコボ情報 201407

ルームシューズ&スリッパ展

ルームシューズ&スリッパ展に301号室トートー二―・303号室nasuturtium参加
開催機関:2014年7月18日(金)~27日(日)
開催場所:TAIME&EFFORT中央区銀座8-5-4 銀座マジソンビル1・2階
最高級のハンドメイドシューズ、ユニークなデザインのスリッパ、可愛らしいバブ―シュー、
アート感覚溢れるルームサンダル、ポケッタブルシューズなど、新たなライフスタイルに
フィットする様々な革製インドアフィットウエアーを展示。
一期生のTAKINAMITAKASHI・プラスアロー・靴づくり屋chisakaの商品も展示、見て楽しい作品が溢れていました! 

cloomの本間康之氏の活動状況

cloom 本間康之氏(2期生)
浅草ものづくり工房を退室して半年、台東区鳥越おかづ横町に工房をかまえ、1階が店舗
2階が作業所で靴づくりに励んでいる様子。エネルギーに溢れた本間氏、Aーラウンドへの活躍が期待されています。ガンバレ!本間氏

モノコボ情報 201404-06

203号室 GLL 横浜SOGO 展示販売

浅草ものづくり工房 203号室 musubi design 製作所 八木香央理氏 横浜SOGO
FASHION ZAKKA CREATORS FAIRに参加
開催機関:6月10日(火)~16日(月)
開催場所:横浜SOGO 地下1階中央エスカレーター横 特設会場
今回新ブランド(ごえん)を発表 江戸時代より流行した粋でモダンな文様を提案した。

台東デザイナーズビレッジ施設公開に参加

デザイナーズビレッジ施設公開に浅草ものづくり工房展示販売に全室参加
開催日時:2014年5月24日(金)~26日(日)
     施設公開:10時~18時まで
     商品販売:10時~17時まで
開催場所:デザイナーズビレッジ 台東区小島町2-9-10

浅草ものづくり工房 2階製作室で展示販売
 201号室atomon(アトモン)革小物
 202号室banca(バンカ)婦人靴・紳士靴
 203号室musibi design製作所 バッグ・革小物
 301号室toe to knee(ト―ト―ニ―)スリッパ・バッグ・革小物
 302号室calede checli(カレドシェクリ)バッグ・革小物
 303号室nasturtium(ナスタチュウム)靴・革小物
 304号室suarkloud(スパークラウド)アクセサリー
 305号室3rd Party Japan(サードパーティジャパン)バッグ・革小物
 306号室LAB-M(ラボエム)革小物
三日間晴天に恵まれ例年どうり多くの来場者でにぎわっていました!

上野公園内 ふれあいフェスタにアトモンが参加

台東区地場産業 ふれあいフェスタ開催

開催日時:2014年4月11日(金)~13日(日)
開催場所:上野公園内広場
浅草ものづくり工房201号室atomon参加
ばしょがら観光客が多く、活気に溢れた展示販売会、地場産業の革関係の出展が多く値頃商品が売れていた!

クリエイターズ 9 浅草ものづくり工房商品展示

クリエイターズ 9 
浅草ものづくり工房 入居者商品展示
開催日時:2014年3月21日(金)~23日(日) AM10:00~PM6:00(最終日はPM5:00)
開催場所:浅草文化観光センター7階 展示スペース
靴、バッグ、革小物、アクセサリー  若手クリエイター9組のオリジナリティあふれる商品展示や革製品の製作実演、ワークショップetc.
ばしょがら観光客が多く活気にあふれた展示会場でした!

モノコボ情報 201401-03

浅草ものづくり工房 クリエイターズ 9

浅草ものづくり工房 クリエイターズ 9 商品展示
開催期間:2014年3月21日(金)~23日(日)AM10:00~PM6:00(最終日はPM5:00)
開催場所:浅草文化観光センター 7階展示スペース 浅草雷門前 TEL03-3842-5566
 浅草ものづくり工房入居者9組のオリジナリティあふれる商品展示や革製品の製作実演、
 ワークショップetc
楽しい商品、アイデア溢れる作品を展示、浅草ものづくり工房入居者の展示品を是非ご覧
 下さい!

sparkloud合同展示会参加

浅草ものづくり工房304号室 小方大樹氏 sparkloud 2014年秋冬合同展示会に参加
開催期間:2014年3月10日(月)~14日(金)
開催場所:Gallery LE DECO渋谷区渋谷3-16-3 B1
(株)ラ・ジョイヤ・有限責任事業組合 コ・ラボ sparkloud三社の合同展示会

nasuturtium 西宮阪急展示販売

nasuturtium ジャパンレザーアワードに展示販売
販売日時:2014年1月22日(水)~28日(火)
販売場所:西宮 阪急 4階 催事場
バブーシュや革×リバテープリントの革小物を出品

モノコボ情報 2013

浅草ものづくり工房施設公開ワークショップ

浅草ものづくり工房施設公開ワークショップ
開催日時:2013年11月15日(金)~17日(日)
開催場所:浅草ものづくり工房・台東産業研修センター 台東区橋場1-36-2
子供も大人も楽しめるワークショップを開催
ワークショップはどこでも大盛況!

DESIGN FESTA

DESIGN FESTA 展示会に浅草ものづくり工房305号室3rd Party Japanが参加
開催日時:2013年11月2日(土)~3日(日)
開催場所:有明ビッグサイト西棟 
ビッグサイト西棟Gー416で展示販売、 日本全国からの来場客で多くのお客様で混雑模様、若者が多く熱気で圧倒されました!

産業研修センターワークショップ

産業研修センターワークショップ
開催日時:2013年10月19日(土)13:00~15:00
開催場所:浅草ものづくり工房 機会研修室2
作品:パスケース
講師:浅草ものづくり工房306号室LAB-M 松谷則洋氏
参加者 10名(台東区在住・在勤の方)
経験豊富な講師松谷氏の指導により手づくりの革工芸のパスケース、参加者の皆さん最後にイニシャルを入れて、大変上手にできました!

銀座に革のショールームTIME&EFFORT

社団法人日本皮革産業連合会(JLLA)は銀座に革のショールーム「TIME&EFFRT]
(タイム・アンド・エフォート)を2012年8月28日にOPEN
浅草ものづくり工房入居者全室参加
展示開催日時:2013年6月1日(土)~10日(月)
  開催場所:中央区銀座8丁目5番4号 銀座マジソンビル2F
オシャレな街、日本を代表する繁華街での展示に浅草ものづくり工房入居者も楽しみに展示。

モノステージ 7 NO.2

楽しい!モノステージ7 ものづくりの楽しい現場をもっと知ってもらいたいとの想いでワークショップを開催、素材はベジタブルタンニンで革小物を製作(HIS-FACTORY)現代では珍しい金唐草の製作(SUNSO)応募者も多く盛況でした!
婦人靴問屋では業界では有名なキャトルコレクションのメンバー7社が出展又革で製作した、扇子、日傘など楽しくユニークな商品も多く盛況なモノステージ合同展示会、天気にも恵まれ来客数も多く次回に繋がるA/RUNDOデシタ。

モノステージ 7 NO,1

浅草ものづくりフェスティバル開催 A/ROUNDに浅草ものづくり工房参加
MONO stage7
開催日時:2013年5月24日(金)~26日(日)
開催場所:リバーサイドギャラリー(台東区花川戸1-1隅田公園地下)
浅草ものづくり工房
参加ブランド
201号室atomon(革製事務用品・革小物)202号banca室(紳士靴・婦人靴)
203号室GLL(バッグ・革小物)301号室トートー二ー(スリッパ)
302号室calede checli(バッグ・革小物)303号室nasturtium(婦人靴・革小物)
304号室cloom(婦人靴・革小物)305号室3rd party japan(バッグ・革小物)
306号室LAB-M(川小物)
今回からA/ROUND北浅草ものづくりフェスティバルに一環として参加多くの来場者があった。

私が靴を愛するワケ

「靴はただ単に歩くためだけのものではない。女性も男性も、靴にフェティシズムを感じるんだ」(クリスチャン・ルブタン)。「ハイヒールを履いた途端、女性は美しくセクシーに見える」(マノロ・ブラニック)。「靴はアートよ。芸術品を買うのと同じ」(ケリー・ローランド)。「靴は私というものを表現するのに欠かせないものよ」(ファーギー)。「靴が私の人生を変えてくれる。そう信じているわ」(ディタ・フォン・テイース)。—–ハイヒールを愛する靴デザイナーや歌手、ダンサー、そしてセレブが数多く登場して、それぞれの”靴=ハイヒールを愛する理由”を述べていく異色の、いや、ファッションシューズ製作・販売に携わる人にとっては天恵のようなドキュメンタリー映画が、5月11日から公開される。靴の歴史的考察、社会学的考察も交え、その魅力を探るとも謳っている。靴を愛するすべての女性に贈る映画、というキャッチフレーズも、期待を高めてくれる。そのわりに、新宿武蔵野館だけの単館上映?それもナイトショーかな、といった公開体制は不満と不安が残るが、いずれにしても靴に携わる人は必見の映画であることは確か。GodSaveTheShoes(原題)なんて、業界PR映画でもそこまでストレートになれないのでは。

モノコボ情報 201304

女性が選んだスグレもの展

女性が選んだスグレもの展に浅草ものづくり工房303号室トートーニー出展販売

開催日時:4月17日(水)~30日(火)

開催場所:銀座松屋8階イベントスクエアー 中央区銀座3-6-1

1枚仕立ての革スリッパが軽く、室内履き・機内履き・旅行に便利と好評!

銀座松屋レザークラフトマンワールドにTAKINAMITAKASHI出展

銀座松屋レザークラフトマンワールドに1期生TAKINAMITASKSHI出展

開催機関:2013年4月17日(水)23日(火)

開催場所:銀座松屋1階スペース・オブ・ギンザ 中央区銀座3-6-1

レザークラフトマンワールドの出展経験が多い、瀧波孝氏の新しいデザイン靴も好評のようで
売上に貢献している様子!

銀座松屋レザークラフトマンワールドにnasuturtimu出展

銀座松屋レザークラフトマンワールドに浅草ものづくり工房303号室nasuturtimu出展販売

開催機関:2013年4月17日(水)~23日(火)

開催場所:銀座松屋1階スペース・オブ・ギンザ 中央区銀座3-6-1

ナスタチュームの可愛らしい、リバテープリントと革コンビの革小物が好評!

銀座松屋レザークラフトマンワールドにGLL出展

銀座松屋レザークラフトマンワールドに浅草ものづくり工房203号室 GLL参加出展

開催日時:2013年4月17日(水)~23日(火)
開催場所:銀座松屋1階スペース・オブ・ギンザ 中央区銀座3-6-1

高級イタリヤタンニン革とアフリカプリントとの絶妙な組み合わせが好評!

浅草ものづくり工房 304号室cloomの個展

本間康之・本間彩香

INVITATION

2013Autumu&Winter collection

開催日時 2013年4月9日(火)~11日(金)

開催場所 台東区浅草2-1-14 宮俊ビル2階

履く人に寄り添い、からだとココロをほんのり「くるむ」靴。ソフトに足を包むボロネーやブラックラピド製法を中心にやさしく「くるむ」をテーマに展示。
見るからに足に優しく、履きやすそうな靴でした!

本池秀夫 革の世界展

4月16日~23日に新宿髙島屋11階で、世界に知られるレザーアート作家、本池秀夫さんの作品展が開催される。1973年より独学で革を素材にした創作活動をはじめ、老人や子供の何気ない表情を写し取った人形シリーズ、等身大のキリン、ゴリラ、象、馬、犬などの動物シリーズ、そして最近は「広場」をテーマにした作品を生み出し、多くのファンをつかんでいる。今回の展示会では、その初期作品から初公開の最新作が一堂に集められ紹介される。
革でこんな表現が出来るなんて、と驚嘆するような作品ばかり。しかし、本池さんに聞くと、すべてホームセンターで売っているような素材や道具で作ったものばかり。ひたすら根気よく丁寧に、たたき、曲げ、漉き、彩色し、革の持つ潜在的な魅力、表現の可能性を引き出しただけ、とか。「革はもともと動物の皮であり、命あるものです。その革とじっくりと対話して、自分の技術や感性を注ぎ込み、新たな命を生み出すことが私の使命、私の”生”そのものなのです」。活動拠点は山陰・米子。東京ではめったに見られない本池ワールド、必見である。

SHOE OBSESSION

日本ではほとんど発行されないが、海外では時々ビジュアルな靴の写真集が出版される。有名ブランドの商品カタログめいたものも多いが、この「SHOE OBSESSION」はそれらとは異なり、紹介商品・作品のラインナップに編集が利いており、刺激的であり素晴らしい。
ニューヨークのMIT(州立ファッション工科大学)が2012年に刊行した、この本は、女性を捕らえてやまない美しさ、魅力、そして魔力を秘めたSHOE=HIGH-HEELの様々なバリエーションを280ページにわたって紹介している。巻頭にヒールの歴史や魅力についての考察?があるが、論より証拠、様々なフォルムとデザインのハイヒールの洪水が、ハイヒールは女性の最大の味方と言った女優や、ハイヒールは人類最大の発明であると言い放ったデザイナーの言葉を、そうかも知れないなと思わせてくれる。写真も美しく、時に上質なヌード写真集のような官能を、時にアート作品集のような想像力を掻き立ててくれる。
ルブタン、アライヤ、ブラニックといったデザイナーやプラダ、グッチ、ディオールといったブランド商品のほかに、新進のデザイナーやアート作家のアバンギャルドな作品も並ぶ。中でも、АoiKotsuhiroi、舘鼻則孝、加賀美敬、串野真也といった日本人製作のハイヒールが欧米のデザイナー作品に比べ遜色がないどころか、異彩を放ち、ヒール表現の可能性を広げているのが、頼もしく素晴らしい。

西洋靴事始め

皮革産業資料館の稲川實副館長が日本の靴産業の草創期の歴史、日本人と靴の出会いの姿をまとめた著作「西洋靴事始め」が、3月はじめに発行された(現代書館、税込み2100円)。
都立皮革技術センターの機関誌「かわとはきもの」に、1986年から2010年まで書き続けてきた靴の歴史論考を編集したものだが、稲川さんが長年にわたって収集してきた貴重な資料・図版・写真が満載であり、それらに基づく歴史検証はまったく他の追随を寄せ付けない。靴の歴史研究の第一人者による決定版・にっぽん靴物語・明治大正編である。珍しい絵や写真がいっぱいだし、文章も平明で読みやすい。是非、みんなで買って読んで、次の昭和編の発行を後押しして欲しいものだ。