浅草ものづくり工房について

〜人つどい もの生まれる〜

浅草ものづくり工房

Asakusa Manufacturing Studio Since 2009 (AMSS2009)

【概要】

浅草ものづくり工房は、台東区の地場産業である靴、鞄、バッグ、ベルト、帽子、ジュエリー、アクセサリーなどものづくり分野で事業を興し、成長させていこうという個人や創業間もない法人を支援するための施設として、平成21年12月、台東区橋場に開設されました。

浅草ものづくり工房では、経営、マーケティング、営業、ネットワークづくりなど、様々な支援を提供することで、入居期間中(原則3年以内)に、企業としての十分な競争力を身につけ、施設を卒業し、独り立ちしてもらうことを期待しています。

入居者にはものづくりにとって最適な環境が提供されます。事業推進のための支援、アドバイスが受けられます。より多くのビジネスチャンスを得ることができます。

 

ものこぼ 外観

ものこぼ 機械室

【入居資格】

①靴、鞄、バッグ、ベルト、帽子、ジュエリー、アクセサリーなど、台東区の地場産業である、ものづくり分野を支え、業界の活性化に貢献していただける作家、職人、クリエイターなどであり、台東区内で創業を予定している個人、または創業5年以内の法人。
②ビジネスを拡大する意欲が高く、また創業のための支援が必要と認められること。
③台東区内の地場産業や地域の活性化に寄与する活動を行う意欲があること。
④施設の利用期間終了後、台東区内において、引き続き事業を行おうとする意思を有すること。
※基本情報であり、詳細や最新の情報についてはお問い合わせください。

【支援内容例】

・経営やビジネスに関する相談
・商品開発のための調査、技術的な相談
・販売促進などの相談、サポート
・情報の発信と提供
・業界との交流、ネットワークづくり
・地域との交流
などを、浅草ものづくり工房のスタッフが中心になり、各分野の専門家と共に入居者を支援していきます。

【施設紹介】

■ 建物

産業研修センター旧館を改修、鉄骨3階建て、延べ床面積932.78㎡

■ 入居者事務所

全9室(2階3室、3階6室)31.5㎡=8室、39.2㎡=1室。24時間365日稼動。

■ 共有施設

交流サロン(展示商談会やセミナーなどの使用可能)、ミシン室、機械研修室(共に皮革関連製品用中心であり、本来、研修センターの施設ですが入居者も使用可能)、図書コーナー、トイレ、給油室、倉庫、コピー(新館)、自転車置き場など

 ものこぼ 入口エントランス

 ものこぼ ミシン室ミシン室

 ものこぼ 交流スペース交流サロン

 ものこぼ オフィス入居者スペース

 

『モノコボイベントと入居者の様々な活動』

浅草ものづくり工房では、入居者の協同、合同の展示会や見本市出店の支援、また様々なイベント、セミナー、企業訪問ツアーなどを実施しています。入居者も、ものづくり活動に加え、商業施設などでの販売活動、ビジネス活動に積極的に取り組んでいます。

 

活動レポート

【講座】ファッションマーケティング講座 平成29年11月29日

産業研修センターより講座のお知らせです。 […]

Read More

レザーワールド2017に展示出品

レザーワールド2017 <11月3~4日 […]

Read More