第35回台東区消費生活展

第35回台東区消費生活展
開催日 
10月15日(金)~10月16日(土) 
初めて台東区消費生活展を見学
来場者数も多く人の多さに圧倒される、
くらしあれこれ  環境  安全  食  販売等のブースにわかれ
無料の本などもでていて  1冊(モルジブ)の本をいただきました。

またモルジブに行けたら・・・・自然が素晴らしい

研修センターの講師はじめいろいろなものづくりを楽しそうに区民のみなさん参加、教えるほうも造るほうも真剣、そしてにぎやか・・・エネルギーを発散・・・

可愛いい小物も沢山値段も大変安く
数多く売れていた、

riffraff展示会

開催日  10月19日(水)~10月21日(金)
開催場所  表参道 FROM 1(フロムファースト)5階
35年前から有名なファションビルでの展示会  来客数はまずまずとの事、
近くに有名ブランド店も多く歩いている人だちもファショナブル・・・
根津美術館も歩いて数分庭も広く気分転換にもよい・・・

←riffraff 商品展示(TAKINAMITAKASHI)企画

第2回モノステージ展示会開催 楽しさがイッパイ !

第2回モノステージ開催9月30日(木)~10月3日(日) 
初日はかなりの雨・・・残念 少しでも多くの方に商品を見てもらいたかった・・・
前回よりもお客さまの滞留時間が長く、お客さん・・・楽しんでいる様子。
 
小物は売れているけど、単価の高い商品はあまり売れていないよう・・・
 
専門店に来てもらうのが、課題

観光客も沢山来てくれ
皆さん楽しかったと感想を言ってくれました。
特に小錦の靴の大きさにビックリした人が多かった・・・

第3回モノステージは4月の予定です。

木型の専門書

個人的に木型をけずるのは大変難しいと思う、人間の足は千差万別、甲が低い、ワイズ有る、べた足と、考えたらきりがない・・・・企業としては標準の木型になる、
入居者の皆さんがこの専門書おおいに活用し履きやすい靴を製作する事を期待する。

慌てづ時間をかけてじっくり作ろう!

隅田川花火大会 2010年7月31日(土)

あと2時間後に花火が大音響と共に打ち上げが始ります、沢山の屋形舟が隅田川に浮いてもうすぐ和船の提灯に明かりがつくころ、江戸風情を楽しむ色とり
どりの花火が大音響と共に夜空に舞いはじめます。
隅田川の花火は享保17年(1733)前年大飢餓と疫病が流行り犠牲となった人々の慰霊と悪病退散を祈り隅田川で水神祭を行った。この時両国周辺の料理屋が花火を上げたのが由来とされています。

スカイツリー 現在408メーター最終の高さ(武蔵)634メータ(2012年春)感性予定。

第3回モノコボ交流セミナー

第3回モノコボ交流セミナー
  
  講師  飯野高広(服飾ジャーナリスト)
靴を中心に紳士服飾の情報、そして商品知識や歴史エピソードなどに通じる気悦のジャーナリスト。雑誌「LAST」等の執筆、インターネットサイト「ALL About
」紳士靴ガイドとしても活躍。その情報収集力、分析力、視点の鋭さは講演中にもいかんなく発揮、その結果、45分延長、みなさん真剣に聞いていました。
第3回モノコボ交流セミナー

  講師  鈴木清之(マーケティングプランナー&ブログライター)
文化服装学院卒、文化出版局を経てPR&マーケティングプランナーとして活躍中。特に、ファッション、インテリア、雑貨のファクトリィーブランドのコミュニケーションに強い。雑誌「装苑」のブログ、また「東京おつかいもの手帳」フイガロジャポン」、「おもたせ」企画の参加等、メールを等を使い、商品の宣伝の仕方等、具体的で大変参考になりました。

第2回モノステージ開催

第2回モノステージ開催
会期  2010年9月30日(木)~10月3日(日)
会場  浅草隅田公園リバーサイドギャラリー(台東区花川戸1-1隅田公園地下、長さ116メートルmのトンネル空間)

モノづくりに情熱を燃やすクリエイター、クラフツマン、ファクトリーが一同に集い、個性・感性・品質に秀でた、靴、バック、アクセサリー、皮小物、インテリア雑貨等、楽しい商品が出揃います。今からどんな商品が出来るか大変タノシミです。
 
浅草・隅田公園リバーサイドギャラリー入り口の写真です、右側約20m先は隅田川、入り口正面15m先は吾妻橋観光船乗り場です、又都営地下鉄銀座線浅草駅から歩いて2分ぐらいです、

楽しい作品(商品)を手にとつてご覧下さい。

モノコボニュース★6月

6月2日からモノステージ

ものづくり工房の入居者を中心に、30の出展者を集めて、第1回目のファッ
ションザッカ系クリエイター&クラフトマンによる合同展示会「モノステージ」
が、6月2〜6日、墨田公園の地下にあるリバーサイドギャラリーで開催されます。
 30の出展者の内訳は、靴および靴中心に皮革小物などを出品する企業・個人
が22。とはいえ、一口に靴といっても、紳士・婦人・子供靴あり、ゴルフ靴、
舞台靴、またビッグサイズ専門あり、リフレクター(反射材)付きの交通安全カ
ジュアル靴?ありと、その内容は種種多彩。手製靴もあれば、もちろんマシンメ
イドもありといった感じ。そのほかも、革製のインテリアグッズ、ペット用の首
輪などの革製品、風呂敷などをリメイクしたシャツなど、一般にはあまり見かけ
ない、でも相当に完成度が高いユニークなモノがいっぱいの展示会。
 是非、一度見に来てください。

モノステージ、いよいよ開幕!

6月2日、墨田公園地下のリバーサイドギャラリーで、浅草ものづくり工房メ
ンバーをはじめとした30組の新進クリエイター、クラフツマン、また意欲的な
企業ブランドを集めた合同展「モノステージ」がスタートしました。
 各ブランド、出展者が思い思いの趣向を凝らした小間に、とっておきの商品が
並び、なかなかの見もの。従来の靴、ザッカ関係の展示会とは一味二味も違った
雰囲気です。
 初日の今日は、約400人の来場者があり、ヤフー動画や台東ケーブルテレビ
などの取材もありました。6日までの会期中、約2000人の来場者を見込み、
取引先の獲得や商談の促進 また、来場者や出展者同士のふれあいと交流促進に
成果を挙げて行きたいと思います。
 皆様のご来場をお待ちいたします。3〜5日は午前10時から午後6時、最終
日の6日は午後5時まで開催しています。

ひと、もの、ふれあい、モノステージ閉幕

5日間にわたって開かれていた展示会、モノステージが終了しました。初めて
の開催であり、初対面の企業や個人のコラボであり、その割には準備不足なこと
が多く、不安がいっぱいだったのですが、出展者や台東区関係者の協力で無事、
5日間を終えることができました。
 初日は約380人、2日目310人、3日目250人、4日目540人、最終
5日目が430人の合計1910人の方が来場されました。残念ながら、タイミ
ング的に小売店のバイヤーさんはあまり来場されず、一般消費者の来場が大半で
したが、それでも会場の雰囲気とか出展者と商品は好評で、今後につながる感触
はつかめました。
 次回開催は、9月末から10月初旬。さらに魅力アップの出展者と品揃え
で、”日本のファッションザッカ系ものづくりは浅草から”をアピールしたいと思
います。

モノコボニュース★5月

松屋イベント、いよいよスタート

日本の革と革製品のすばらしさをPRするイベントセール、ジャパニーズレ
ザー・クラフトマンワールドが今日、4月13日から28日までの16日間、東
京・銀座の松屋銀座本店1階中央”スペース・オブ・ギンザ”で開催されます。
 独自の個性と高い品質のバッグ、鞄、財布、ベルト、そして靴などの皮革製品
ブランドがそろい、展示販売する企画です。皮革製品の産地・台東区もバック
アップし、浅草ものづくり工房からは瀧浪孝、千坂実木の2人が参加していま
す。他に、台東デザイナーズビレッジからはオーソーの2人、台東ファッション
ザッカフェアからはキギの2人、さらには業界の一般企業からも個性派ブランド
が出展しています。是非、一度ご来場ください。

6月2~6日に展示会「モノステージ」開催

とっておきのモノ語りを、浅草から世界に!をキャッチフレーズに参加者を呼
びかけていた展示会「モノステージ」に、浅草ものづくり工房に入居する9組を
はじめとした靴、皮革小物、アクセサリー分野の新進クリエイター、若手クラフ
ツマン、意欲的ファクトリーがエントリーしてくれ、当初予定した30組のメン
バーがそろいました。
 ユニーク&本格派の紳士靴、オーダーメイドの婦人靴、ハンドソーンの高級子
供靴、舞台靴やルームシューズ、素材感豊かな手製バッグや皮革小物、革製イン
テリアグッズ、ペット用革製品、リメイクシャツなど、独創的なとっておきの商
品が、6月2日から6日、墨田公園リバーサイドギャラリーで発表されます。是
非、ご覧ください。

5月29日に第2回モノコボ交流セミナー

ものづくり系の人への情報提供、スキルアップ、そして交流を図るためのモノ
コボ交流セミナー、第2回目が5月29日(土)に開催されます。
 今回は、”ものづくりと国際化”をテーマに、グローバル化の中で、個人事業者
や一職人であっても避けられない国際競争・国際交流をどう行っていけばよい
か。そして、それをものづくりにどう生かして、新たなマーケット開拓に結び付
けていくか。東京と静岡のメーカー経営者にお話を伺い、今後のものづくりにつ
いて、考えてみたいと思います。ふるってご参加ください。

第2回モノコボ交流セミナー
日時■5月29日(土)午後3時から6時まで
会場■台東区立産業研修センター2階会議室(台東区橋場1−36−2)
講師■西村博(婦人靴メーカー、パイオニア社長。 メイド・イン・東京の靴を 
      パリ、ミラノ、上海の見本市に出展するなど積極的に国際化に乗 
      り出している)
   宮城光秀(静岡の健康シューズなどのメーカー。ノルウエーのデザイナー
       と2年がかりで利触れ区たー付きウオーキングシューズ「サン 
       ダーグ」を開発した)
定員■50人(参加費無料)