無料公開 令和元年 第七回 ものこぼセミナー [ものづくりする人の営業開発]

演題: ものづくりする人の営業開発 

講師 一般社団法人switcher 理事 営業戦略クリエイター 財津 優
大手外資系企業で営業活動をする傍ら、営業戦略クリエイターとして、営業のコンサルティングやコーチング、セミナー・講演会などを実施している。半導体商社、国内外の医療機器メーカーで営業マンとして活動してきた。世界約200ヵ国に展開している大手外資系企業では、入社1年目から売り上げ金額と新規獲得顧客数にて、2位にダブルスコアの大差を付けてトップとなり「新人賞」と「優秀セールス賞」を獲得。2014年~2016年の3年間の売り上げ目標達成率は、平均で230%を超え、4年連続でトップセールスとなる。2017年にはニューヨークや中国でも表彰され、winnerの称号を獲得。著書に「世界No.1営業マンが教える やってはいけない51のこと」(明日香出版)があり、アマゾンランキングで1位を獲得する。(営業・セールス部門)

日 時 2020年2月20日 18時~19時30分 開場17時30分
場 所 浅草ものつくり工房 2階
費 用 無料
お申し込み info@monokobo9.comまでお申し込みください。

定員になり次第、受付終了とさせていただきます。

ものこぼバスツアー:日本を代表する国産高級革 栃木レザー

日本を代表する国産高級革 栃木レザー 訪問しました
毎年恒例のものこぼバスツアー
今年は、栃木レザー 世界中が認める日本のレザーファクトリーです
天然のベジタブル担任で鞣された革は、圧倒的な品質を誇り、経年変化による風合いは、世界中のユーザーを虜にしている 「皮から革」までを全20工程、約6ヶ月を使い、やっとできあがるレザー 大変勉強になりました ありがとうございます

http://www.tochigi-leather.co.jp/

ファッションマーケティング講座:国際見本市MICAMに見る2020年秋冬・靴トレンドとマーケットの行方

日 時:令和2年3月11日(水)午後6時30分~午後8時
講 師:大谷 知子氏(靴ジャーナリスト)
会 場:台東区立産業研修センター
多 少:台東区内在住・在勤・在学の方
定 員:30名(先着順)
受講料:1,000円

申込方法:ファックス又はハガキ・メールにて、住所・氏名・電話番号(昼間)
※在勤・在学の方は、勤務先(学校)名、所在地、電話番号を記入してお申込ください。

締め切り 令和2年3月4日(水)
Eメール kensyuusenta@jcom.home.ne.jp
問合せ・申込先 台東区立産業研修センター(休館日:月曜日・祝日)
〒111-0023 台東区橋場1-36-2
電話03-3872-6780
FAX03-3871-9525

交通案内
◆ (都営・メトロ・東武)浅草駅より
◎ 「北めぐりん」バス停「①浅草駅」より乗車、「⑦橋場老人福祉館西」下車、徒歩3分
◆ (メトロ)三ノ輪駅より
◎ 「ぐるーりめぐりん」バス停「⑥三ノ輪駅」より乗車、⑬橋場一丁目」下車、徒歩3分

令和元年度 第六回 ものこぼセミナー ものづくりする人のブランディングと人脈 

令和元年度 第六回 ものこぼセミナー
演題: ものづくりする人のブランディングと人脈 
講師 一般社団法人 Switcher 代表理事 新宮 健二
レジュメ
1、自己紹介
2、実績・作品紹介
3、ブランどとブランディングについて
4、実績からのものづくりでの事例説明(ウイルキンソン)
5、実績からのものづくりでの事例説明(ワンダモーニングショット)
6、人脈づくりを事例紹介

寒い雨が降る中、たくさんの方にご参加頂き、ありがとうございました

2020/01/23 無料公開 令和二年度 第六回 ものこぼセミナー

演題: ものづくりする人のブランディングと人脈

講師 一般社団法人 Switcher 代表理事 新宮 健二

印刷会社のクリエイティブ室にてデザイナーとして6 年間。その後プロダクション設立を経て
1999 年アサヒ飲料マーケティング部にデザインオブザーバーとして参画。後にクリエイティブ
室室長・クリエイティブディレクターなどを経て2015 年8 月末にて退職。アサヒ飲料では、当
初ワンダモーニングッショットのプロジェクトチームに参画しヒット商品として成功 。その後あ
らゆる商品パッケージデザイン、広告・グラフィックデザインをクリエイティブディレクターとし
て、コンセプト作りからマーケティング視点でブランディングに関わって来た。ワンダを筆頭
に、ウイルキンソンの炭酸水のパッケージデザインから販売流通のダンボール、自販機ダミ
ー、POP、広告などトータルにデザイン・ディレクション。16 年もの間に数え切れないくらいの
商品を手がけ世に出してきました。2015 年9 月に後輩の有限会社ブラックビーンズ 取締役・
プロデューサーとして就任、アドバイザーとして参画と同時に師と仰ぐ浜野安宏氏を副理事長
に一般社団法人switcher を設立、理事長就任。現在は友人が代表を務める株式会社アジリ
ティの取締役・クリエイティブディレクターとしてクリエイティブ全般、販路拡大も含め参画のか
たわら、フリーランスで、数社の顧問、アドバイザリー、CD を兼任。

日時 2020 年1 月23 日 18 時~19 時30 分 開場17 時30 分
場所 浅草ものつくり工房 2 階
費用 無料
お申し込み info@monokobo9.com までお申し込みください。

定員になり次第、受付終了とさせていただきます。

〒111-0023 東京都台東区橋場1-36-2 台東区産業研修センター 03-3876-3720

[終了]令和元年 第五回(2019年11月28日) ものこぼセミナー 演題: 人を惹きつける「ものづくり」とは? 講師 佐藤 すみれ(アイドルグループAKB48・SKE48 の元メンバー)

「令和元年 第五回 ものこぼセミナー 演題 人を惹きつける「ものづくり」とは? 講師 佐藤 すみれ
今年の春から、企画を開始し、ブランドを立ち上げ、商品を作り、7月に新宿伊勢丹2階にてPOPUPを行った佐藤さん
商品開発は、初めて・・・ なのにファッションブランドより、細かい計画をたて実行
ものをつくること ひとと接すること ファンになってもらうこと お買い上げ頂いた商品を伝えてもらうこと
まさに、商売の基本をしっかりマスターされ、成功しつづけているモデル
浅草ものづくり工房の入居者とも、深い交流が出来、お手伝い出来そうな予感・・・
ありがとうございました」

無料公開 令和元年 第五回 ものこぼセミナー
演題: 人を惹きつける「ものづくり」とは?
講師 佐藤 すみれ

アイドルグループAKB48・SKE48 の元メンバー。
現在は、フリーのクリエーター・プロデュサーとして、すみれ色をテーマにした商品の開発・企画・プロデュースを行なう。
スイーツからファッションまで幅広く手掛け、2019 年7 月 自身初のショップを期間限定オープン。
某百貨店にて〇百万の売上を達成。
今後は、全国各地に出店予定。

  • 日時 2019年11月28日(木) 18 時~19 時30 分
  • 場所 浅草ものつくり工房 2 階
  • 費用 無料

お申し込みについて

今回は、ファッション関係者、皮革産業関係者及び、浅草ものづくり工房に関わった方のみとさせて頂きます。一般の方は、お断り申し上げます。

info@monokobo9.com までお申し込みください

定員になり次第、受付終了とさせていただきます

〒111-0023 東京都台東区橋場1-36-2 台東区産業研修センター 03-3876-3720

2019/12/12 ファッションマーケティング講座「キャッチ!!ザ・マテリアル情報 2020年秋冬のカラーと皮革トレンドを読む」

開催概要

■日 時:令和元年12月12日(木)午後6時30分~午後8時
■講 師:池田正晴氏(株式会社ジャルフィック代表)
■会 場:台東区立産業研修センター
■対 象:台東区内在住・在勤・在学の方
■定 員:30名(先着順)
■受講料:1,000円
■申込方法ファックス・はがき又はメールにて、住所・氏名・電話番号(昼間)在勤・在学の方は勤務先(学校)名、所在地、電話番号を記入。
■Eメール:kensyuusenta@jcom.home.ne.jp
■●申込締切日:令和元年12月5日(木)

●問合せ・申込先

台東区立産業研修センター休館日:月曜・祝日〒111-0023台東区橋場1-36-2電話03-3872-6780FAX03-3871-9525

台東区立産業研修センター ファッションマーケティング講座 キャッチ!!ザ・マテリアル情報
2020年秋冬のカラーと皮革トレンドを読む

ファッション、ものづくり、クリエションの原点は〝素材〟――時代、社会がターニングポイントを迎えている今日、マーケットがファッションに求める要素も大きく変化している。安心安全、未来志向、多様化と個別化…様々なテーマをどう捉え、デザイン化し、商品にまとめ上げるか。企画開発、デザイナー、マーケッターの腕の見せ所である。

そして、マーケットをリードし、お客をキャッチする商品作りに必要不可欠なのが〝素材〟――そのトレンドとスペシャル情報をキャッチし、新たな時代を拓く。――そんな情報セミナーに、是非、ご参加下さい。

セミナーテーマ

Point 1 リネアペレ、MICAM&MIPEL、ピッティなど世
Point 2 ヨーロッパ、アメリカ、アジア、そして日本の消費トレンドの傾向分析
Point 3 2020秋冬の皮革のトレンド、カラー傾向などの分析とテーマ設定・解説

皮革や靴、バッグなど皮革製品のトレンドラボラトリー主宰者として長年、皮革、靴、バッグ業界をリードしている。
市場分析、情報提供、商品プロデュース、セミナー開催など、その活動分野は幅広い。

一瀬美月の地元でもある広島・袋町にあるセレクトショップZalifeにて、3日間限定のポップアップイベントを開催致しました。

デザイナー・一瀬美月の地元でもある広島・袋町にあるセレクトショップZalifeにて、3日間限定のポップアップイベントを開催致しました。

ポップアップでは、19AWコレクションの販売や、9月に発表された新作・20SSコレクションの受注会も併せて行い、期間中は3日間ともデザイナー・一瀬が在廊しました。

【ブランド紹介】

デザイナーがロンドン・カレッジ・オブ・ファッションの卒業コレクションとして発表した『皮革と食肉の関係性』というテーマを基に、食肉の副産物であるリアルレザーやリアルファーを使うことにこだわり、肉を食べることと同じように、動物の命を頂戴することを意識し、ずっと撫でていたくなるようなイマジナリーフレンドとしてのバッグ&アクセサリーブランドです。
レザーを専門に学んだデザイナーとイタリアのラグシュアリーブランドのバッグサンプルを担当してきた熟練の職人が、革やコバ剤、芯材や革漉きなど、細部に至るまでクオリティを追求し、日本国内(浅草)で生産を行っています。

The collection is based on her final year work at London College of Fashion, revolving around the theme of the relationship between leather and meat.

The brand is heavily focused on using real leather and fur that are by-products of producing edible meat, always aware that when using these materials, we are still taking the lives of farm animals. The bags and accessories produced by the brand makes you want to stroke it for some time, almost like an imaginary friend.

The products are manufactures domestically in Asakusa, Japan, with the hands of a designer who studied specially in the field of leather, and a craftsman who has been in charge of producing bag samples for an Italian luxury brand.

The brand carefully considers all factors big to small: leather, welt agents, linings and skiving, since quality is their ultimate priority.

【デザイナー経歴】

2007-2009 広島市立基町高等学校 普通科普通コース 卒業
2009-2012 法政大学経営学部経営戦略学科 中退
2012-2013 ロンドン芸術大学セントラル・セントマーチンズ 
ファウンデーションコース 修了
2013-2016 ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション ファッ
ションアクセサリー&バッグ学科 卒業

【受賞歴】

2019 Japan Leather Award 審査員賞 受賞(Japan)
2016 Curries Cup for Excellence in Leather (UK) 2nd Prize

マイテウ須田達弥の初コレクション開催 : Tannbhito(タンビート)/シューズパターンオーダー会

Tannbhito(タンビート)/シューズパターンオーダー会
301号室に入居しているマイテウ須田達弥のtannbhitoが、初の受注会皆様のご来店をお待ちしております

西武池袋本店

■会期:2019年10月25日(金)〜27日(日)
■時間:各日正午〜午後9時
※10月27日(日)は午後8時まで

■会場:5階(中央B8)=紳士靴売場 特設会場